【掲載情報/編集後記】
取材の学校5期の佐藤智人、藤本江里子です。
Jnet-21に「私が診断士試験のために“やめたこと”」(第3回)が掲載されました。
皆さん共通して、「試験合格を目指してやめたこと」、「合格後、再開したこと」を通じて、新たな“自分”を発見していました。
限られた時間の中で優先順位を決めることは、試験勉強に限らず、有意義な診断士活動を行うためにもとても参考になります。ぜひ皆さまぜひご一読ください。
http://j-net21.smrj.go.jp/know/s_hiroba/mezase_46-3.html