ブログ

この度『企業診断』(同友館発行)2月号に、シリーズ「指針は世界!海外進出ナビゲート」が掲載されました!

【掲載情報/編集後記】
取材の学校5期生の石田紀彦です。
この度『企業診断』(同友館発行)2月号に、シリーズ「指針は世界!海外進出ナビゲート」が掲載されました。
今回は日本人には馴染みの薄い「アゼルバイジャン」を取り上げています。
「海外進出」という響きには、実行までにいくつものハードルを超えなければいけないイメージがあります。
しかし、日本企業が日本の消費者に商品を売るように、海外の消費者に商品を売る流通システムがあります。
その流通システムを構築した中小企業診断士の早坂裕史先生に取材を行い、システム構築に至るまでの経緯や、システムの中で診断士に期待する役割などを伺いました。
非常に興味深い内容となっていますので、是非皆さまご一読ください!

関連記事

  1. 月刊『企業診断』4月号で読者投稿コラム「『診断士 余談・世談・夜…
  2. 企業診断ニュースの特集記事「元気な中小企業訪問記11」にて、豆腐…
  3. 月刊『企業診断』2017年10月号(同友館)の連載「プロコンたち…
  4. 『企業診断』3月号の連載記事「インタビュー」にて、理化電子株式会…
  5. 「企業診断」10月号に、好評連載中の「楽しく覚える!診断士用語ク…
  6. この度、『企業診断』1月号の「プロコンたちの流儀」を執筆しました…
  7. 「企業診断」11月号で好評連載中の「楽しく覚える!診断士用語クロ…
  8. この度、企業診断ニュース2020年12月号にて、特集「2020年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP