ブログ

私が取材・執筆を担当させていただきました記事「ここで輝くSTAGE」(「いつか日本に戻りたい」一途な思いが原動力」 ケビン・ドークさん)が、モラロジー研究所発行「れいろう」30年9月号に掲載されました!

【掲載情報/編集後記】
取材の学校6期生の鈴木寧々です。
私が取材・執筆を担当させていただきました記事「ここで輝くSTAGE」(「いつか日本に戻りたい」一途な思いが原動力」 ケビン・ドークさん)が、モラロジー研究所発行「れいろう」30年9月号に掲載されました。
今回のインタビュイーは、アメリカワシントン州にある名門ジョージタウン大学で日本近代思想史をご専門にされているケビン・ドーク教授です。高校時代の日本への留学を機に、40年間日本を研究されてきて思うこと、日本人が普段意識していない日本人の美点など、客観的な視点でお話しいただきました。時折ユーモアを交えた気さくな語り口や、日本を心から愛してくださっている一途なお人柄を感じていただけると幸いです。日本人であることを改めて誇りに思えたひとときでした。
ぜひ、ご一読ください。
http://ecmoralogy.jp/product/726/

 

【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ:http://syuzai-takumi.com/
ツイッター:https://twitter.com/syuzai_takumi
フェイスブック(取材の学校):https://www.facebook.com/syuzainogakkou/

関連記事

  1. この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和3年1月号の連載企画…
  2. このたび、モラロジー研究所発行「れいろう」令和2年7月号にて、連…
  3. 私が取材・執筆を担当させていただきました連載記事「輝け!東京アス…
  4. 私が取材・執筆を担当させていただきました新連載記事「輝け!東京ア…
  5. 取材・執筆しましたモラロジー研究所発行「れいろう」1月号「Sta…
  6. 取材・執筆しました記事が、モラロジー研究所発行「れいろう」2月号…
  7. この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和2年9月号の連載企画…
  8. 私が取材・執筆を担当させていただきました新連載記事「輝け!東京ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP