【編集後記/掲載情報】
取材の学校7期生の地引智美です。
この度、企業内診断士ながら支援した商店街は100を超え、「百戦錬磨の商店街診断士」として活躍する鵜頭誠さんを取材し、中小企業診断士として活躍する原動力について伺いました。

https://shinpota.com/?p=17375

 父方の実家が商店街で和菓子屋を営んでいたという鵜頭さん。商店街からお店が減り街の景色が滅んでいくことに心を傷め、「このまま待っていてもいいことはない」という危機感から中小企業診断士になりました。
現在では、商店街支援や「まちゼミ」という商店街の販促事業の実行支援に携わり、支援先から絶大な信頼を得ながら、支援先や支援内容の幅を広げていらっしゃいます。
全3回の中で、商店街支援だけでなく、中小企業診断士である個人として活躍するためのノウハウや姿勢について熱く語って頂きます。活躍のヒントが多く詰まっていますのでぜひご一読ください。

 

【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ:http://syuzai-takumi.com/
フェイスブック(取材の学校):https://www.facebook.com/syuzainogakkou/