ブログ

月刊『企業診断』4月号で読者投稿コラム「『診断士 余談・世談・夜談」に寄稿致しました!

【編集後記/掲載情報】

取材の学校7期生の今城偉賀です。月刊『企業診断』4月号で読者投稿コラム「『診断士 余談・世談・夜談」に寄稿致しました。
今回は、「『そんなのウチの会社には当てはまらないよ!』といわれたら……」というタイトルで, 経営に「普遍的な理論」は存在しうるのかどうか、また存在するとして理論は役に立つものなのか, そして診断士の役割は?について考えてみました。是非ご一読を!

 

【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ:http://syuzai-takumi.com/
フェイスブック(取材の学校):https://www.facebook.com/syuzainogakkou/

関連記事

  1. この度、企業診断ニュース11月号の特集記事、「企業内診断士・孤軍…
  2. 企業診断2020 年 2月号にて、連載「伝説の合格者たち」の執筆…
  3. この度『企業診断ニュース』9月号にて、特集「中小企業のテレワーク…
  4. この度、株式会社同友館発刊『企業診断』2018年1月号にて、連載…
  5. の度、私が取材・執筆を担当しました連載記事「伝説の合格者たち」が…
  6. このたび企業診断2020年8月号にて、連載「伝説の合格者たち」の…
  7. 『企業診断』5月号の連載記事「プロコンたちの流儀(第21回)」の…
  8. 私が執筆を担当させていただきました、「企業診断ニュース6月号 競…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP