【卒業生の紹介】
齊藤睦美(5期生/通学)
◆メッセージ
私は、取材の学校で執筆を経験することができて、とても良かったと思っています。一番良かった点は、仕事で担当しているお客様と関係性が強化できたことです。出版された記事をお見せすると、とても興味を持っていただき、多くのお客様が記事を読んでくださいました。そして、その記事からさまざまな話題につながり、深い話をすることができました。
また、公的な紙面に掲載されることで、信頼度、信用度アップにもつながりました。診断士になって何をするかは人それぞれですが、執筆を経験することは、どのような方向に進むにしても決して無駄ではないと思います。
http://syuzai-takumi.com/academy/

◆執筆実績
同友館 フレッシュ中小企業診断士の合格資格活用体験記Ⅴ(共同執筆)
企業診断ニュース 2017年10月号特集記事「魔法の習慣9」
企業診断ニュース 2017年3月号特集記事「企業内診断士、定年後の世界」(予定)
企業診断 2017年12月号特集記事「診断士1年目の歩き方」
J-net21 「ゲストハウスを経営する診断士」
TDB Report/業界動向[2018-1] (共同執筆)

◆プロフィール
1981年茨城県出身。テキサス州立ミッドウェスタン大学数学科卒業。卒業後、電気通信事業会社や留学斡旋会社に入社するも、両企業とも倒産。勤務した企業が倒産した経験から、経営・会計に興味を持つ。現在は大石源治税理士事務所に勤務し、会計や経理業務に従事している。2016年中小企業診断士登録。

====================
東京、大阪、名古屋にて無料説明会を実施していますので、お気軽にお越しください。
説明会の申込みはこちらから。
https://goo.gl/forms/4ZdHaj6NbluhGzOB2