ブログ

この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和3年1月号の連載企画「ぼくらの未来スケッチ」を執筆させていただきました!

【編集後記/掲載情報】
取材の学校8期生の鈴木 博です。
この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和3年1月号の連載企画「ぼくらの未来スケッチ」を執筆させていただきました。

連載13回目となる今回は、株式会社オトングラス代表取締役の島影圭佑さんにお話を伺いました。聞いたり話したりすることはできても、文字を読むことができない失読症。脳梗塞や転倒による脳外傷などを原因とした脳機能障害の一つです。

失読症になった父親を助けるため、当時大学3年生の島影さんは、文字を読み取って音声で読み上げるメガネ型の機器「オトングラス」を自分で開発することを決意しました。島影さんの個人的な「物語」と「ものづくり」は周りの人の心を動かし、いつしか「当事者として作り続け、問題に寄り添い続ける人たち」のコミュニティが形成されていきました。

ものづくりが持つ本来の意味や価値、その先にある本当の豊かさについて考えさせられる取材になりました。ぜひご一読下さい。


【取材・インタビューやコラム・ブログ記事の業務委託専門サービス「取材の匠」】
ホームページ:http://syuzai-takumi.com/
フェイスブック(取材の学校):https://www.facebook.com/syuzainogakkou/

関連記事

  1. 私が取材・執筆を担当させていただきました連載記事「輝け!東京アス…
  2. この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和2年8月号の連載企画…
  3. このたび、モラロジー研究所発行「れいろう」令和2年7月号にて、連…
  4. 私が担当させていただきました取材記事が、モラロジー研究所発行「れ…
  5. この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和2年9月号の連載企画…
  6. 私が担当させていただきました取材記事が、モラロジー研究所発行「れ…
  7. この度、モラロジー研究所発行『れいろう』令和2年12月号の連載企…
  8. 私が取材・執筆を担当させていただきました新連載記事「輝け!東京ア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP